住まいに欠かせない収納スペースの確保

住まいに関する知識:工事中の災害について

PAGETITLE
住まいに関する知識として、工事中の災害について、被害内容や責任範疇などについて説明いたします。住宅の工事中に起こる災害などで建築中の建物や材料に被害があった場合の責任について、災害が台風の場合、材料をカバーをしたりするよう台風対策をしっかり行わかったため被害に遭えば、それは善良な管理者としての注意義務を果たしていなかったことになりますので、工事の請負者の責任において復旧費用を負担することになります。これらの負担額は工事の請負者が加入する工事保険などで補填するのが一般的となっています。

しかし、最近の異常気象の頻発で想像を超えるような災害が多くなっているため、こういった場合は一律に請負者だけに責任を問うのは非常に困難となります。工事中の建物が放火被害にあった場合について、窓やドアが施錠できる状態で注意を怠り、施錠を忘れて工事を終わり、不審者が室内に侵入して放火された場合も、管理者としての注意義務を果たしていなかったと見なせれ責任を問われます。しかし近隣の火災からの貰い火等のような不可抗力による損失の負担は注文者、請負者の両者で協議して決めるとなっています。こういった場合は、災害の内容をよく分析して、請負者としての注意義務が必要な部分に関しては、請負者が負担すると考えるのが一般的ですので、協議は慎重に行う必要があります。

Copyright 2017 住まいに欠かせない収納スペースの確保 All Rights Reserved.